Skip to main content
マイクロウェーブ展 2018 に出展



2018/11/28 – 2018/11/30  10:00~17:30(最終日のみ17:00まで)
パシフィコ横浜  展示ホール D  小間番号 A-12 





mwe2018_logo04.jpg

5G・IoTを支えるアンリツのワイヤレス計測ソリューション


 = 出展報告 =  
アンリツは「5G/IoT社会を支えるリーディングカンパニーになる」というビジョンを掲げ、モバイル端末やネットワークインフラ、各種無線通信機器の分野で計測ソリューションを提供しています。5Gシステムを活用し身のまわりのあらゆるモノがネットワークとつながるIoT社会の実現に貢献する、高周波計測技術を活かした各種ワイヤレス計測ソリューションをご紹介しました。ご来場いただきました皆様に、この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


mwe2018_5g_iot.png

左図をクリックすると、

展示ソリューションのご案内へジャンプします

mwe2018_micro_milli.png

左図をクリックすると、

展示ソリューションのご案内へジャンプします



評価システムに使用するアンプ、フィルタ、ドライバ等の高速電子デバイスも展示します


= 展示ソリューションのご案内 =

 
1
 5G・IoT 計測ソリューション

 

 5G Sub-6 GHz NR対応の無線装置の送受信評価用シグナルアナライザ


3GPP TS38.211規格に対応したSub-6 GHzの基地局・アンプ等のRF送信特性を高速かつ安定して測定

   
ms2850a-top.jpg



《主な特長》

■ 送信評価

 NR TDD sub-6 GHz Downlink MX285051A-011(シグナルアナライザMS2850A用)

 NR TDD sub-6 GHz Downlink MX269051A-011(シグナルアナライザMS2692A用)

 ・EVM性能1%*1以下を実現 *1:中心周波数 4.8 GHz、帯域幅100 MHz測定時(実測値)

 ・ダイナミックレンジ142 dB*2以上を実現 *2:中心周波数 4.8 GHz(実測値)

 ・Auto Range機能により、EVM測定に適したレベル調整を自動化



■ 受信評価

 5G NR TDD sub-6 GHz IQproducer MX370113A(ベクトル信号発生器MG3710A用/2018年10月リリースの新機能)

 5G NR TDD sub-6 GHz IQproducer MX269913A(シグナルアナライザMS2692A SGオプション用/2018年10月リリースの新機能) 

 ・5GNR Range1仕様に準拠した波形パターンの作成が可能

 ・参照規格:3GPP TS38.211(2018-06)、TS38.212(2018-06)、TS38.213(2018-06)



 
 

 無線LAN搭載機器の無線性能の送受信評価ソリューション

   
無線LAN搭載機器の無線性能を実動作状態(ネットワークモード)で評価

《主な特長》

■ IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4 GHz、5 GHz)に対応

■ 無線LANを搭載した機器とリンク確立し、IEEE802.11に沿った送受信特性を評価

■ 通信方式や伝送レートを任意に設定し、異なる条件や同一条件で評価可能


yajirushi_2.pngIoT機器の通信品質を確保するためには』の資料ダウンロードページはこちら
yajirushi_2.png『IoT市場のアンリツソリューション』の詳細はこちら

  出展企業セミナーのご案内  (聴講料無料・事前登録不要)


  タイトル:「無線LAN製品の送信&受信の通信品質を、”製品状態”でチェックしていますか?

     日時:11月29日(木) 13:0013:45

      場所:展示ホールD 出展企業セミナー B会場

        内容:デジカメ・掃除ロボット・白物家電など様々な製品に搭載されている無線LANの通信機能。 本格的なIoTの普及に伴って

                     今後もさらに搭載製品が拡大することが予想されます。 "無線LANモジュール"の送信&受信性能は保証されているはず

       ですが、無線LANモジュールを搭載した "製品状態"の送信&受信性能を確認していないことで「つながりにくい」「途切

       れやすい」「通信エリアが狭い」など お客様からのクレームを受けて頭を悩ませている、という声が増えています。
       
本セミナーでは、無線LANの基礎的な信号仕様、実際の無線LAN製品の送信&受信性能の評価事例などをご紹介しました。


         
    
  
 

 Bluetooth®ロゴ認証試験前の評価用テスタ

   

Bluetoothデバイスおよび組み込み品のSIG認証用試験を高速かつ簡単に。開発から製造、検査まで幅広く使用可能


201702mm_MT8852B.png

Bluetooth テストセットMT8852B

   

《主な特長》

■ Bluetooth SIGのテスト仕様に準拠した試験に対応

■ HCI(Host Control Interface)を用いて自動制御

■ 各試験項目のスクリプト測定に対応

■ Bluetooth 5にも対応

yajirushi_2.png『Bluetooth 5とは』の詳細はこちら
yajirushi_2.png『Bluetoothデバイスの評価方法とは』の詳細はこちら
yajirushi_2.png『無限の可能性を秘めたBluetooth 5』の詳細はこちら
                Bluetooth®ワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG,Inc.が所有する登録商標であり、アンリツはこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。



  
 

 電波監視に適したリモートスペクトラムアナライザ

フィールドに設置したスペクトラムアナライザを遠隔操作し長期電波監視が可能。

必要な通信に干渉が発生した場合などの通信障害の原因解析に貢献

ms27101a-front_01.jpg  

≪主な特長≫

■ ハーフラックサイズの小型モデル(MS27101A)屋外設置モデル(MS27102A)最大24RF入力ポートの

 モデル(MS27103A)など、用途に応じたラインアップを用意

■ 広帯域FFTを使用しバースト状の信号も捕捉可能

■ 専用ソフトウエア(Vision™)使用して長時間のスペクトラム変動を記録

■ 複数台のリモートスペクトラムモニタを配置し、Vision™(ビジョンロケート)で干渉波の発生位置を推定

リモートスペクトラムモニタMS27101A

MS27102A.jpg    

リモートスペクトラムモニタMS27102A

MS27103A-12-24-Port.jpg

リモートスペクトラムモニタMS27103A

  

  
  
 
 
2
 マイクロ波/ミリ波 計測ソリューション


 
 

 ミリ波/マイクロ波コンポーネントの製造評価に最適なベクトルネットワークアナライザ

 

パッシブコンポーネントの特性評価には必要以上に高性能・高機能なVNAは不要。VNAに求められるのは、

DUTにフィットするポート数と周波数範囲、必要最低限の解析機能



ベクトルネットワークアナライザMS46522B-082

ベクトルネットワークアナライザMS46522B-082

 

≪主な特長≫

■ アンテナ・ケーブルのVSWR/TDR評価に適した1ポートVNA(MS46121B)

■ 26 GHz超のミリ波評価にも対応可能なローコストVNA(MS46522B)

■ Embed/De-embed、SI解析にも対応

■ Pass/Fail判定、フィルタ評価も簡単測定



shockline-logo.jpg


MS46121B-MALE-withLapTop.pngベクトルネットワークアナライザMS46121B


yajirushi_2.png『Sパラメータ測定、タイムドメイン解析に小型で低価格なベクトルネットワークアナライザ(VNAの詳細はこちら

   

   
 

 5G/車載レーダ/高速通信で高まるミリ波領域の材料特性評価ソリューション


従来の車載レーダに加えて、5Gでも高まるミリ波帯の利用。高速化するシリアルデータ通信開発などでも、
基板・絶縁体・放熱材のミリ波領域特性を知ることが必須



MS46522B-MS46524B-082.jpg  ベクトルネットワークアナライザMS46522B-082
  

≪主な特長≫

■ Vバンドの大部分を含む拡張Eバンド 55 GHz~92 GHz対応

■ 簡単接続が可能なメンテナンスレスのケーブル一体構造
■ オペレータの接続ミスによるエラーを排除
■ 測定治具・ソフトとの組合せで様々な材料の測定に対応



shockline-logo.jpg







 

yajirushi_2.png『Sパラメータ測定、タイムドメイン解析に小型で低価格なベクトルネットワークアナライザ(VNAの詳細はこちら

 
 
 
  
 

 手のひらサイズのミリ波帯スペアナ


9 kHzから110 GHzまでをカバーするスペクトラムアナライザ。

従来の常識を超えた小型サイズなので、被測定物に直接接続が可能となり新しい測定手法を実現





≪主な特長≫

RFコネクタ1つで9 kHz110 GHzをカバー

■ アプリケーション;各種レーダ、5G、マイクロ波/ミリ波通信機、WiGig

■ 155 mm × 84 mm × 27 mm 255 g の小型軽量

USB 3.0PCと接続するだけの簡単セットアップ

■ スペアナの使用経験があれば、直感的に使用できるユーザインターフェース



yajirushi_2.png『手のひらサイズが革命を起こす ~世界最小のミリ波スペクトラム測定器~』の詳細はこちら

yajirushi_2.png『選ばれているハンドヘルド電子計測器 ~USB接続で簡単セットアップ~』の詳細はこちら

    


    
  マイクロ波通信機器の点検・保守用スペクトラムアナライザ

マイクロ波通信機器の点検・保守など現場での作業に適した小型、軽量、バッテリ駆動の43 GHzまでの周波数をカバーする   
ハンドヘルドスペクトラムアナライザ

MS2720T-0709_Front_1 .jpgスペクトラムモニタ MS2720T
 

≪主な特長≫

■ 周波数範囲:9 kHz~9 GHz/13 GHz/20 GHz/32 GHz/43 GHz

■ 小型・軽量で機動性に優れているので、山頂にある中継局などへ容易に搬入可能

■ USBパワーセンサを接続して電力も測定可能(MA24108A、MA24118A、MA24126A)

       

yajirushi_2.pngスペクトラムマスタをはじめとする『マスタシリーズ フィールド測定ソリューション』の詳細はこちら




 

 マイクロ帯チャープ/パルス信号の送信特性評価用シグナルアナライザ


スペクトラムアナライザでは捉えることが難しいチャープやパルス信号を一定時間、保持し多面的に評価可能なシグナルアナライザの

FFT解析機能を装備。横軸「時間」で縦軸を「周波数」や「振幅」に切り替えて、チャープ信号の周波数偏移と振幅のタイミングを確認可能


ms2840a-front.jpg
       

≪主な特長≫

■ 周波数表示と振幅表示をワンボタンで切り替えチャープ幅を簡単測定

■ -86 dBm/[email protected] GHzのノイズフロアにより、レーダ新スプリアスにも対応

■ FMパルス変調レーダ送信試験を半自動的に行うPC制御サンプルソフト