Skip to main content
マイクロウェーブ展 2017 に出展
2017/11/29 – 2017/12/1  10:00~17:30(最終日のみ17:00まで)
パシフィコ横浜  展示ホール D  小間番号 A-05
 


mwe2017_logo03.jpg
      

ワイヤレスが要の5G・IoTでかたちづくるスマートな社会へ

アンリツの測定ソリューションで

 

 = 出展報告 =  

ICTInformation and Communication Technology)の進展に伴い、スマートフォンのみならず家電製品や自動車等すべてのものが

インターネットを媒介に接続されるIoTInternet of Things)社会が目前に迫っています。

本展では5GIoT/コネクティビティ、マイクロ波/ミリ波の各測定ソリューションを実機展示し、ご紹介しました。

ご来場いただきました皆様に、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

    

MWE2017_anritsu_expect_5g.jpg   MWE2017_anritsu_total_5g.jpg
< アンリツブースの様子 >


mwe2017_5g.jpg

左図をクリックすると、

展示ソリューションのご案内へジャンプします

mwe2017_iot.jpg

左図をクリックすると、

展示ソリューションのご案内へジャンプします

mwe2017_micro.jpg

左図をクリックすると、

展示ソリューションのご案内へジャンプします


評価システムに使用するアンプ、フィルタ、ドライバ等の高速電子デバイスも展示しました。



= 展示ソリューションのご案内 =

  
1
 5G 測定ソリューション

 

 5G/広帯域信号の測定・解析シグナルアナライザ


マルチキャリア一括解析により開発・製造効率を改善。次世代の広帯域通信システムの信頼性向上に

   

 
exhibit_mark_mini-1.jpg

ms2850a-top.jpg



≪主な特長≫

5G/広帯域信号を解析可能、最大解析帯域幅1 GHzのシグナルアナライザ

EVM性能:<1%を実現(28 GHz帯、帯域幅100 MHzのシングルキャリア測定時

■ 森田テック()様提供のアンテナカプラを活用した、基地局/CPE28 GHz帯送受信試験ソリューションを提供

 
 
 

 5G端末試験用K-Bandクリップアンテナ

   
K-Band周波数の5G端末を挟み込むだけで機能試験が出来る、スパイラルアンテナ Z1960A/61A内蔵のクリップアンテナ
   
exhibit_mark_mini-3.jpg
クリップアンテナ_DSC_3245_c .jpg24GHz30GHz

スパイラルアンテナ


≪主な特長≫

■ 高価なチャンバーを使わずに、作業机の上で測定が可能。

OTA測定(Near Field/Reactive Near Field試験)において残留EVM1%を実現(28 GHz帯、帯域幅100 MHz

  シングルキャリア測定時

ヒロセ電機(株)様と共同開発

 




ーーー  出展企業セミナー  ーーー (聴講料無料・事前登録不要)

 

タイトル:「5G端末検査におけるチャンバーレスの取り組み」

     日時:121日(金) 15:1516:00

      場所:展示ホールD 出展企業セミナー B会場

        内容:次世代通信である5G用端末検査におけるチャンバーレスへの取り組みをご紹介しました。

       今回、独自に試作した小型アンテナ・コネクタを活用して28 GHz帯における送受信測定を

       実現できるソリューションを共同開発しているヒロセ電機(株)様との成果発表と

       マイクロ波/ミリ波の測定ソリューションを紹介しました

MWE2017_seminor.jpg


< セミナーの様子 >
   
  
  
 

 Broadcast Calibrationに対応した振幅誤差を抑制したデバイダ

   

Smartphoneの複数Antenna端子を同時にCalibrationするBroadcast Calibrationで問題となっている振幅誤差を抑制するデバイダ



j1942a-xr-logo.png
4Way Low Amplitude
Error Divider

J1942A

≪主な特長≫

■ 開放端子があっても定在波の発生を抑え、振幅誤差を≦0.5 dBに抑制(0.66 GHz

■ ポートバランス ≦0.15 dB (2分配タイプ、4分配タイプ共)

シグナルアナライザ MS2830Aの信号発生器連動機能と、振幅誤差算出Simuratorエクセ

  マクロ)を使うことで、低振幅誤差デバイダを組み込んだ製造検査ラインの振幅誤差予測が可能

    

  
   
2  IoT/コネクティビティ 測定ソリューション
 
 

 WLAN搭載機器のRF送受信特性評価

無線LANモジュールおよび組み込み品の無線性能を実動作状態(ネットワークモード)で評価

IEEE802.11b/g/a/n/ac2.4 GHz、5 GHz)に対応

   
exhibit_mark_mini-1.jpg
mt8862a+pc.png

   

≪主な特長≫

■ 完成品の状態でWLAN搭載機器のRF性能の評価が可能

Station, Access Pointの両方と接続可能

■ フレームキャプチャ機能により通信トラブルの原因特定をサポート


ワイヤレスコネクティビティテストセットMT8862A



 
yajirushi_2.png『WLAN搭載機器の無線部の評価が簡単に・・・ネットワークモード測定のご紹介』の詳細はこちら
yajirushi_2.pngIoT機器の通信品質を確保するためには』の資料ダウンロードページはこちら
yajirushi_2.png『IoT市場のアンリツソリューション』の詳細はこちら
  
  
 

 Bluetooth SIG認証RF試験

Bluetooth SIG認証RF試験をサポートし、ループバックを必要とする試験からコスト要求の厳しい量産検査まで

1台で対応するBluetooth試験専用機

201702mm_MT8852B.png

≪主な特長≫

Bluetooth Ver. 5.0(対応予定)を含めSIG認証RF試験をフルサポート

■ 今後SIGよりリリースされる機能もサポート予定

■ 測定回路を変更することなくIMブロッキング、高調波歪試験に対応

   
 
 

 NB-IoTなどの携帯端末のRF送受信試験用ワイヤレスコミュニケーションテスタ

チップセット、NB-IoTモジュールの研究開発用RF送受信試験用ワイヤレスコミュニケーションテスタ

   
exhibit_mark_mini-2.jpg
MT8821C_Front.jpg   

≪主な特長≫

■ NB-IoTからLTE-Advanced DL 5CA4x4 256QAMなどの通信方式に対応した

    携帯端末のRF測定器

■ 自動測定ツールで簡単測定&合否判定

1 Gbps以上のPhysical Throughput評価を実現

ラジオコミュニケーション アナライザMT8821C

 
   
 
 

 広帯域で再現性の高いMIMO 評価システム


構成が柔軟な広帯域 (700-6000 MHz) RFコントロールエンバイロメント

P-to-P, スター 及びメッシュなどの多様な接続形態をサポート


spider-rfcm.jpg


≪主な特長≫

SpiderRF Channel Module RF Combiner ModuleRadio-Proof Enclosure

   Antenna Couplerから構成

■ 最大4x4MIMOに対応するRFチャネルモジュール

4つ、5つのノードを結合、最大4x4リンクまでサポートするコンバイナモジュール

■ アンテナを露出させることなくデバイスへの接続を可能にするニアフィールドアダプタ


Spider module RFCM

(RF Channel Module)

Butler RFCM-B








spider-front.jpg



   Spider
- Standalone/- Star-2 node/
- Star-3 node/- Mesh
SPI-102/103/104/105
       
   
     
 

 電波環境調査および干渉源探索

フィールドに設置したスペクトラムアナライザを遠隔操作し長期電波監視を行うことで

必要な通信に干渉が発生した場合などの通信障害の原因解析が可能

ms27101a-front_01.jpg  

≪主な特長≫

■ ハーフラックサイズの小型モデル(MS27101A)屋外設置モデル(MS27102A)最大24

  RF入力ポートのモデル(MS27103A)など、用途に応じたラインアップを用意

■ 広帯域FFTを使用しバースト状の信号も捕捉可能

■ 専用ソフトウエア(Vision™)使用して長時間のスペクトラム変動を記録

■ 複数台のリモートスペクトラムモニタを配置し、Vision™(ビジョンロケート)で干渉波の    

  発生位置を推定

リモートスペクトラムモニタ
MS27101A

MS27102A.jpg    

リモートスペクトラムモニタ
MS27102A

MS27103A-12-24-Port.jpg

リモートスペクトラムモニタ
MS27103A

  

yajirushi_2.png干渉波を捕らえろ ~無線環境の監視と干渉波の探索~の詳細は こちら
 
 
  
MS2712E.jpg

≪主な特長≫

■ スペクトログラム機能により干渉波の時間的変化をモニタ

■ カバレッジマッピング機能により信号の地理的カバレッジを“見える化”

■ 豊富な指向性アンテナとインターフェアレンスハンター MA2700Aより

  干渉波の到来方向を効率よく調査

スペクトラムマスタ
MS2712E

   

yajirushi_2.pngスペクトラムマスタをはじめとする『マスタシリーズ フィールド測定ソリューション』の詳細は こちら

  
  
 
 
3
 マイクロ波/ミリ波 測定ソリューション


 
 

 パッシブデバイス測定に最適なシンプルでローコストなベクトルネットワークアナライザ

 

ShockLineシリーズ ベクトルネットワークアナライザは、NLTLNonlinear Transmission Line)技術により、

低コストおよび高ダイナミックレンジ、直線性、測定精度の向上、高い校正の安定度を実現

Shockline.jpg

 

≪主な特長≫

■ 測定周波数 : 50 kHz/1.0MHz8.0/8.5/20.0/43.5 GHz

ダイナミックレンジ : 100120 dB(代表値)

■ オプションでTime Domain機能

ベクトルネットワークアナライザ
ShockLine™VNAシリーズ


yajirushi_2.png『Sパラメータ測定、タイムドメイン解析に小型で低価格なベクトルネットワークアナライザ(VNAの詳細は こちら

   
   
 

 ローコストEバンドSパラメータ測定


ShockLineシリーズ ベクトルネットワークアナライザを使用したローコストで高性能なSパラメータ測定ソリューション

MS46522B-MS46524B-082.jpg
  

≪主な特長≫

■ 測定周波数 : 55 GHz92 GHz

ダイナミックレンジ : 120 dB(代表値)

■ 小型で軽量なミリ波測定モジュールにより簡単な取り扱いを実現)



ベクトルネットワークアナライザ
MS46522B-082









 

yajirushi_2.png『Sパラメータ測定、タイムドメイン解析に小型で低価格なベクトルネットワークアナライザ(VNAの詳細は こちら

 
  
  
 

 高性能ベクトルネットワークアナライザによるオンウェハ測定


高性能ベクトルネットワークアナライザとベクターセミコン社プローブステーションを組みあわせた校正及び測定ソリューション






VectorStar MS4640B.jpg
  

≪主な特長≫

■ ベクターセミコン社製クアリベリア校正ソフトを使用することにより

    簡単で高精度の校正が可能

■ ネットワークエクストラクション機能によるプローブ補正機能


ベクトルネットワークアナライザ
MS4640Bシリーズ







yajirushi_2.png『 VectorStar™ベクトルネットワークアナライザ (VNA)ソリューション』の詳細は こちら
  
  
 

 手のひらサイズのミリ波帯スペアナ


9 kHzから110 GHzまでをカバーするスペクトラムアナライザ。

従来の常識を超えた小型サイズなので、被測定物に直接接続が可能となり新しい測定手法を実現








exhibit_mark_mini-1.jpg
MS2760A-with-tablet.png

≪主な特長≫

RFコネクタ1つで9 kHz110 GHzをカバー

■ 全帯域でフラットなノイズフロアを実現

155 mm × 84 mm × 27 mm 255 g の小型軽量

USB 3.0PCと接続するだけの簡単セットアップ

■ スペアナの使用経験が有れば、直感的に使用できるユーザインターフェース



スペクトラムマスタ
MS2760A




yajirushi_2.png『手のひらサイズが革命を起こす ~世界最小のミリ波スペクトラム測定器~』の詳細は こちら

yajirushi_2.png『選ばれているハンドヘルド電子計測器 ~USB接続で簡単セットアップ~』の詳細は こちら

    
   
 

 ミリ波無線バックホール信号のスペクトラム評価


ミリ波を利用した大容量伝送(バックホールなど)やIEEE802.11ad/WiGigの信号評価に


ms2840a+ma2808a-top.png
  

≪主な特長≫

■ 周波数範囲 : 50 GHz75 GHz(MA2806A)60 GHz90 GHz(MA2808A)

■ 基本波ミキシングによる低フロアノイズ : -150 dBm/[email protected] GHz(実測値)

■ 高入力レベル(P1dB : 0 dBm)低ノイズフロアによる優れたダイナミックレンジ

7.5 GHzイメージフリーの周波数幅

USBメモリで提供する変換損失データにより、簡単に周波数特性を補正

  高確度な測定が可能


シグナルアナライザ
MS2840A

高性能導波管ミキサ

MA2806A/MA2808A













yajirushi_2.png『シンプルな構成で車載レーダの4 GHz幅のスペクトラム測定を実現』の詳細は こちら