This is a variable

ローカル5Gのビジネス実現を、通信計測のアンリツがサポート

ローカル5Gネットワークで直面する課題とは? 注目の最新無線測定/シミュレーション技術 エリアには無数の電波 ローカル5Gネットワークで直面する課題とは? 注目の最新無線測定/シミュレーション技術 エリアには無数の電波

ローカル5Gとは

ローカル5Gとは、限られた一部の建物や敷地など局所的なエリア内に構築する5Gネットワークです。企業や自治体などが、ニーズに応じて自分たちの用途のために独立した形で構築できる、自営のローカル無線ネットワークです。

通信事業者の5Gネットワークには不特定多数のユーザーが接続しますが、ローカル5Gは占有のネットワークのため、5Gの「超高速」「多数同時接続」「超低遅延・高信頼」という特長を最大限に生かし、多種多様なニーズに合わせて柔軟な構築ができます。

Wi-Fiによるローカル無線ネットワークと比べ、5Gによる通信速度や同時接続数、低遅延というメリットのほか、電波の到達範囲が広いことや、屋外でも利用できること、セキュリティが高いのが、ローカル5Gの特長です。

通信安定性

安定した5G通信を独立したネットワークで占有できる

高セキュリティ

SIM認証でセキュリティ強度の高いネットワーク

広範囲のカバーエリア

屋内・屋外で広いカバーエリアを実現

ローカル5Gの活用例としては、スマートファクトリーや、建設機械・農業機械の遠隔制御、河川などの遠隔監視による防災利用、イベント会場における高精細映像の配信、ケーブルテレビ事業者のサービスエリア拡充のほか、さまざまな分野での利用が期待されており、導入に向けた検証が進められています。

ローカル5Gを利用する側の企業や自治体だけでなく、ローカル5Gネットワークを構築する側のシステムインテグレーター(SIer:エスアイアー)や工事会社にとっても大きなビジネスチャンスです。アンリツは、通信計測のプロフェッショナルの立場から、ローカル5Gビジネスの実現をサポートします。

スマートファクトリー

生産設備の確実な遠隔制御で高効率を確保

建設・農業機械の遠隔制御

確実な遠隔制御で安全な作業を確保

遠隔監視による防災利用

屋外・長距離を無線で接続

イベント高精細映像配信

高速・同時多接続で映像を無線配信

ケーブルテレビのサービス拡充

大容量・同時多接続で通信エリアを拡充

 

ローカル5Gネットワーク構築・運用の課題とは?

ローカル5Gでは、利用者やシステムインテグレーター、工事会社が、導入から構築、運用、保守を行う必要があります。しかし、サービスエリア内に存在し得る無線電波は、Wi-Fi、通信事業者のセルラー網、テレビ/ラジオ放送、GPS、タクシー無線、航空無線、違法送信電波など、非常に多様。無数の電波が混在する中で、ローカル5Gのネットワークを構築・運用するには、無線システムの知見や無線測定の知識・ノウハウも重要です。

無線エリアのシミュレーション
サービスを確保したいエリアに対し、基地局の位置や数を最適に設計できるよう、電波の伝わり方(伝搬状況)をシミュレーションし、評価します。あわせて、他の無線局への影響がないことを確認し、免許申請時に提出が求められるデータをそろえます。


電波干渉の調査/発生源の特定
無数に飛び交う電波との干渉を避けるため、干渉波の有無を調査します。干渉波が存在する場合は、その周波数や強度、飛来する方向などの測定結果から、発生源の特定につなげます。


ネットワーク設備の動作確認/無線エリアの実地検証
実際のサービスエリアでネットワークを設置する際には、設計・シミュレーションで想定した範囲内でネットワーク設備が動作するか、電波がサービスエリアをカバーできているか、サービスエリア内における電波の分布状況が適正か、などを検証します。


無線~有線ネットワーク全体の性能確認
サービス品質は、無線と有線を含めたネットワーク全体の性能が影響します。ネットワーク内では伝送地点などで伝送ロスが生じるため、伝送速度や遅延時間、伝送信号の同期などを測定することで、ネットワークの性能を評価します。


定期検査と障害予防
ネットワーク設営後も、周囲に建物ができたり、新たな無線電波が飛来したりと、環境は変化します。また、基地局などのネットワーク構成機器は、電子部品の劣化などにより性能が変化します。定期的にネットワークの性能評価を行い、障害を未然に防ぎます。


ローカル5Gによるスマートファクトリーほか各種のサービスも、通信が常に安定した状態でなければ、5Gによる通信速度や同時接続数、低遅延というメリットを活かしきれず、サービス品質が低下してしまいます。サービス品質を安定させるには、無数に飛び交う目に見えない「電波」をとらえ、エリアの適正さや、他の電波との干渉、電波の強度、通信速度、遅延時間などを、正確に評価することが大切です。

アンリツのローカル5Gソリューション

アンリツは、ローカル5Gのネットワークの設計から、検証、保守、基地局や端末の登録点検で必要となるさまざまな無線通信の品質評価・検証を、計測通信のプロフェッショナルの立場からサポートします。今後も、無線や電波に関する実用的な情報提供のほか、専門知識が必要な通信分野の身近なパートナーとして、ローカル5Gの実現に貢献します。

資料ダウンロード

ダウンロード >

ローカル5Gの導入検討から運用・保守に必要な評価・検証

各測定の重要性や、測定に影響を与える要因について簡単にご説明しています。

 
 

ローカル5G最新情報

2021/11/22
2021年11月24日(水)~2021年11月26日(金)マイクロウェーブ展 2021に出展します。
5Gシステムを活用し身の回りのあらゆるモノがネットワークとつながるIoT社会の実現に貢献する、ワイヤレス測定ソリューションをご紹介します。

2021/10/27
NECネッツエスアイ、アンリツ、AK Radio Designの3社が5G/ローカル5Gの普及拡大に向けた業務提携契約を締結

2021/10/25
2021年11月15日(月)~12月5日(日)にオンライン展示会「Anritsu Tech Days」を開催します。
Beyond5G/6Gに向けた最新技術動向をはじめ、ローカル5G/5G利活用市場における課題解決をご紹介します。

計測通信のプロフェッショナルの立場から、ローカル5Gに関する実用的な情報を提供します。

アンリツ5Gラボ

28 GHz帯NSA方式に対応したローカル5G用の基地局、端末(スマートフォン、モバイルルータ)、測定器などを展示しています。ローカル5Gの導入、運用、保守の品質保証に必要となるテストソリューションをご体験いただけるほか、ラボの貸し出しサービスを行っています。

接続・動作確認

お客さまの機器やアプリケーションを、ローカル5G環境に接続して確認します。

スループット・遅延評価

お客さまのユースケースにおけるスループット、遅延の評価を行います。

無線方式性能比較

ローカル5Gと他の無線通信方式(Wi-Fi、公衆LTE)の性能を比較します。

遮蔽物・反射板試験

ガラス、木材などの遮蔽物を使って、電波伝搬性能への影響を評価します。

詳細 >