Skip to main content
= 出展報告 =
  400G、データセンタ、5G、4K/8Kの今後の普及に伴い、データ通信量は飛躍的に増大しています。それに伴い、基地局のスモール
 セル化、光インタフェースの利用、データセンタの増設/拡大、それらを結ぶデータ通信網の高速化、高品質化など、さまざまな
 イノベーションがネットワークインフラ構築において推進されています。
  アンリツは、これらのイノベーションが進む光通信ネットワークを支える測定ソリューションを実機展示し、ご紹介しました。
 測定ソリューションに加えて、アンリツデバイス社製の光デバイス/高速電子デバイスも実機展示し、ご紹介しました。


   ご来場いただきました皆様に、この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。 

    
  
foe2019_network_chart_0712.jpg



展示ソリューションのご案内.jpg
 
■ One Box マルチチャネル PAM4 BERT
  400 GbE PAM4、PCIe Gen4/5 などの高速インタフェース評価に必要となる機器を1台に搭載
mp1900a-cover-1.png

◆ 見どころ/展示コーナーの様子 ◆  ★ 動態展示 ★
TOSA、ドライバIC、光モジュール、アクティブケーブルの
  評価に対応するPAM4 BER測定ソリューションをご紹介しました。
foe2019_pam4.jpg
yajirushi_2.png『ハイスピードPAM4 BER測定ソリューション』の詳細はこちら
yajirushi_2.png『BERTソリューション:PCI、400GやPAM4の評価にの詳細はこちら

                                            

■ 100 GbE/400 GbE 光モジュールの製造に適した
  All-in One 4 ch BERT & 4ch サンプリングオシロスコープ

  ビットエラーレート、アイマスク試験、アイパターン解析等の光モジュール評価を1台で簡単に
mp2110A-monitor.jpg

◆ 見どころ/展示コーナーの様子 ◆  ★ 動態展示 ★
 26G/53Gbaud TDECQ測定に対応し、1台で簡単に4ch BER測定と
 4ch光波形観測できる測定ソリューションをご紹介しました。
foe2019_mp2110a.jpg
yajirushi_2.png『高速・高感度で、生産効率アップ ~光サンプリングオシロスコープ』の詳細はこちら
yajirushi_2.png『高速・高感度・低ジッタで、光モジュール評価をトータルサポート』の詳細はこちら


  
■ 光モジュールの検査時間短縮に貢献
   光アクティブデバイスの評価時間を当社従来機種の1/2以下に短縮      
shinseihin_1.jpg
ms9740b-front.png

◆ 見どころ/展示コーナーの様子 ◆  ★ 動態展示 ★
   測定処理時間を従来機の1/2以下に短縮し、効率的な光アクティブ
デバイスの検査工程を実現する光スペアナをご紹介しました
foe2019_ms9740b.jpg
yajirushi_2.png『光デバイス評価に最適な高速光スペクトラムアナライザMS9740B』の詳細はこちら



  
■ AOC(Active Optical Cable)のBER測定 & Eyeパターン評価

  12.5G 4chBERT と サンプリングオシロスコープを1台に搭載



◆ 見どころ/展示コーナーの様子 ◆  ★ 動態展示 ★
BER、アイパターン解析、ジッタ解析に対応し、AOCの評価に1台で
対応する4ch BERT & サンプリングオシロスコープをご紹介しました。
foe2019_aoc.jpg
yajirushi_2.png『用途が広がるアクティブ光ケーブル(AOC)、その評価に』の詳細はこちら



    
■ 5G モバイルフロントホール評価

  25G eCPRI、PTP(時刻同期精度)評価に対応するポータブルテスタ
 
◆ 見どころ/展示コーナーの様子 ◆  
5Gモバイルフロントホールの25G eCPRI回線評価、
PTP(時刻同期精度評価)の測定ソリューションをご紹介しました
foe2019_mt1000A_5g.jpg

yajirushi_2.png『5Gモバイルネットワークの高速化と低遅延化』の詳細はこちら
yajirushi_2.png『CPRI/OBSAIの解説』の詳細はこちら



  
■ 4K/8K IP映像伝送評価    

  PTP(SMPTE ST 2059-2 時刻同期精度)、IPユニキャスト/マルチキャスト伝送評価(パケット損失、
  ジッタ、レイテンシ)に対応するポータブルテスタ

◆ 見どころ/展示コーナーの様子 ◆
スタジアムから、放送局間などの4K/8K IP映像伝送評価の
測定ソリューションをご紹介しました。
foe2019_mt1000a_4k8k.jpg
 
yajirushi_2.png『4K/8K 映像IPネットワークの効率的な品質評価』の詳細はこちら
yajirushi_2.png『MT1000Aが提供する時刻同期測定ソリューション』の詳細はこちら
 


    
■ 光線路の接続状況を判りやすくアイコン表示 

  初心者のOTDR測定をサポートするFiber Visualizer機能を搭載


mt9085-front-protector_02.jpg

mt1000a-otdr-j-front.jpg
mt9090a-2.jpg

◆ 見どころ/展示コーナーの様子 ◆
初めての方でも光線路の接続状況を判りやすくアイコン表示する
Fiber Visualizer機能や、光回線保守作業の効率化および高所など危険作業の
リスク低減に貢献する遠隔地のOTDRのモニタ/制御機能をご紹介しました。
foe2019_otdr.jpg

yajirushi_2.png『タッチスクリーン対応のOTDR MT9085シリーズ』の詳細はこちら
yajirushi_2.pngOTDR:無線機能による工事・保守業務の効率化』の詳細はこちら
yajirushi_2.pngFiber Visualizer機能で初心者のOTDR測定をサポート』の詳細はこちら 
 




■ 次世代光通信用デバイス






 EDFA/FRA用高出力LD        次世代400G光通信モジュール用IC

shinseihin_1.jpg
 650mWFP/FBG-LD
 1.3μm 小型SOAモジュール
exhibit_mark_mini-3.jpg  56 Gbaud Quad Linear EA Driver
 アプリケーション:イーサネット向け


shinseihin_1.jpg  28 Gbaud Quad Linear EA Driver
 アプリケーション:イーサネット向け

  
AG2P65P画像.jpg
28 Gbaud Quad Linear EA Driver
アプリケーション:イーサネット向け
  

◆ 見どころ/展示コーナーの様子 ◆
次世代光通信を支えるEDFA/FRA用高出力LD、
次世代400G光通信モジュール用ICなどの
光デバイスソリューションをご紹介しました。
foe2019_ad.jpg









   アンリツブースでは、みなさまの目と耳で、展示ソリューションを体感いただける展示をいたしました。
   以下の4つの展示コーナーで、DUT(被測定物)と測定器を実接続した『動態展示』を行いました。 


  ■ One Box マルチチャネル PAM4 BERT
  ■ 100/400 GbE 光モジュールの製造に適した All-in One 4 ch BERT & 4ch サンプリングオシロスコープ
  ■ 光モジュールの検査時間短縮に貢献
  ■ AOC(Active Optical Cable)のBER測定 & Eyeパターン評価
第19回 光通信技術展 FOE2019 に出展

2019/7/17 – 2019/7/19 10:00~18:00(最終日は17:00まで)

東京ビッグサイト 青海展示棟  Bホール  小間番号 12-20

foe2019_logo.png
              公式サイトはこちら
400G、データセンタ、5G、4K/8K。
光通信ネットワークを支える測定ソリューション

= アンリツブースの様子 =  


400G、データセンタ、5G、4K/8K。光通信ネットワークを支える
測定ソリューションをはじめ、アンリツデバイス社製の光デバイス/
高速電子デバイスも、ご紹介しました。