This is a variable

第12回 フィルムテックジャパン

2021/12/8 – 2021/12/10 10:00~18:00(最終日は17:00まで)
幕張メッセ 小間番号 35-13

5G/Beyond 5G/Autonomousを支える新規材料に求められる誘電率評価

展示ソリューション

  • さまざまな材料の誘電率測定システムを支えるアンリツVNA
  • 簡単・精密を極めるAET社の空洞共振器法による誘電率測定
  • IoT/Automotive/5G/Beyond 5Gなど幅広い誘電率測定ニーズに対応するKEYCOM
  • 平衡円板共振器法によるフィルム厚み方向誘電率測定
ソリューションページ:『5G/Local5G、Automotiveに対応する誘電率測定』はこちら

皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

アンリツのベクトルネットワークアナライザ 主なラインアップ

ShockLineシリーズ ベクトルネットワークアナライザ

パッシブデバイスで必要とされる機能・性能を、アンリツ独自のNLTL技術により、シンプル・コンパクト・低価格で実現したベクトルネットワークアナライザです。

ベクトルネットワークアナライザ MS4640Bシリーズ

アンリツ製ベクトルネットワークアナライザの最上位機種であるMS4640Bシリーズは、精錬されたプラットフォームで全ての項目において優れた性能を有し、70 kHz~70 GHzの広帯域を1台の測定器でカバーしています。

広帯域/ミリ波 ベクトルネットワークアナライザ ME7838シリーズ

70 kHz~110 GHz/145 GHzまでの広帯域周波数を1回の高速掃引でカバーする高性能な測定ソリューションです。
最大でミリ波帯1.1 THzの測定に拡張できます。