Skip to main content

オートモーティブワールド2018

第10回 国際 カーエレクトロニクス技術展 に出展

   

2018/1/17 – 2018/1/19  10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)
東京ビッグサイト  東5ホール  小間番号 E47-4


CAR_j_carele2018.jpg
      

コネクテッドカーの進化を支えるアンリツのテストソリューション


  
 
 = 見どころ =  
    コネクテッドカーの実現にはさまざまなキーテクノロジーが構成要素として必要です
   その中でもアンリツは “通信の品質” にフォーカスして、車内外でのデータ通信を担うセルラー・Wi-Fiのシミュレーション/           
   品質評価・モータ駆動の為の高電圧ノイズ測定・非接触給電の評価等、さまざまなソリューションを実機展示し、ご紹介します。
   皆さまのご来場をお待ちしております。
 
 
  
 
展示ソリューションのご案内-1.png
  
   
 

 ダイナミックマップ通信評価環境

  


md8475b-top_carele2018.jpg

ダイナミックマップの運用のための通信形態として、セルラネットワークとWi-Fi考えられています。

シグナリングテスタ MD8475Bは、セルラネットワークをシミュレートできるだけでなくWi-Fiのアクセスポイントを併用することにより、ダイナミックマップを更新する際に想定されるさまざまな通信状況の変化や異常などもシミュレートできます。

シグナリングテスタ
MD8475B



  

yajirushi_2.png『テレマティクスシステムの評価を効率的にする方法とは』の詳細はこちら

    

    
 

 IVS(In-Vehicle System)のeCall機能試験ツール

  


MX703330E+MD8475B_carele2018.png

IVSeCall試験ツールとしてeCall Tester MX703330Eを紹介します。MX703330E

シグナリングテスタ MD8475Bと連携し、日本では試験困難なGSM網の環境を実現します。

eCallサービスのPSAPPublic Safety Answering Point)をエミュレートでき、IVS-PSAP

間のeCallシーケンス(MSD通信→音声通信)の正常シーケンス、準正常シーケンスにも

対応します。

eCall tester

MX703330E

シグナリングテスタ
MD8475B


 

  
 

 V2X 802.11p測定・解析ソフトウェア

  


MX727000A+MS2692A_carele2018.png

日米欧で検討されているV2XVehicle to Everything車車間・路車間通信の物理層からメッセージスタック層までの評価を行うシグナルアナライザ MS269xA/MS2830A使用したMX727000A V2X 802.11p測定・解析ソフトウェアを紹介します。

日米欧の車車間/路車間通信の規格に対応し、MAC層からアプリケーション層までの評価を行うことが可能です

       

シグナルアナライザ
MS2692A


   

   
 

 無線LANを搭載した車載機器のRF送受信特性測定

    


exhibit_mark_mini-1.jpg
mt8862a+pc_tss_carele2018.png


無線LANを搭載した車載機器のRF送受信特性測定ソリューションとして、ワイヤレスコネクティビティテストセット MT8862A をご紹介します。

IEEE802.11b/g /a/n/ac2.4 GHz5 GHz)に対応しており、無線LAN搭載機器の無線性能を実動作状態(ネットワークモード)で評価をサポート、無線LAN製品の電波の品質を簡単にチェックできます。



ワイヤレスコネクティビティテストセット
MT8862A

  
 

 電気自動車・ハイブリッド車用ワイヤーハーネスのシールド特性評価

  


shockline_carele2018.jpg

ワイヤーハーネスから放射される電磁妨害波は、車内の様々な機器に影響を及ぼす可能性があり、そのシールド性能を抑えておくことが必要です。

欧州で使用されている伝達インピーダンスによる評価法Tube in Tube法を使用してRosenbergerbedea)社とShockLineシリーズで実現します。

ベクトルネットワークアナライザ

ShockLine™VNAシリーズ

 
  
 

 ワイヤレス電力伝送路のkQ積リアルタイム測定

  


shockline_carele2018.jpg

ワイヤレス電力伝送システムの設計指標であるkQ積をリアルタイム掃引しながら表示が可能。

本機能はワイヤレス電力伝送システムの開発効率を高めるものであり、ShockLineシリーズに標準装備しています。本機能は、豊橋技術科学大学様とアンリツで共同開発され、ワイヤレス電力伝送の発展に貢献するために開発されました。

ベクトルネットワークアナライザ

ShockLine™VNAシリーズ

 

V2X 802.11p測定・

解析ソフトウェア

MX727000A