Skip to main content

第11回 オートモーティブワールド に出展

2019/1/16 – 2019/1/18  10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)
東京ビッグサイト  東6ホール  小間番号 E53-19
  
AUTO_j_01.jpg



コネクテッドカーの進化を支えるアンリツのテストソリューション


 

 
   = 見どころ =  
 将来の完全自動運転導入の前提となる、コネクテッドカーの進化には、さまざまなキーテクノロジーが構成要素として必要です
   その中でもアンリツは “通信の品質” にフォーカスして、車内外でのデータ通信を担うセルラー・Wi-Fiのシミュレーション
 さまざまなソリューションを動態展示します。みなさまのご来場をお待ちしております。
 
 
 
展示ソリューションのご案内-1.png
  
   
 

 OTAでのSIM/eSIMプロビジョニング機能評価ソリューション

  


MD8475A_Front.jpg

SIM に記載された情報を無線ネットワーク経由で書き換える機能を有するSIM/eSIM(Embedded SIM)の

機能評価ソリューションをご紹介します。UICCテストベンダであるCOMPRION社と共同で、GSM/W-CDMA/

LTE基地局を疑似するシグナリングテスタ MD8475Aを介して、OTA(Over the Air)でのSIM/eSIM書き換え試験環境を構築できます。この環境は、ロシア認証機関において有効性が認められています。

シグナリングテスタ

MD8475A




    
 

 コネクテッドカーのセキュリティ評価ソリューション


md8475b-top.jpg

自動運転車やコネクテッドカーを対象としたサイバーセキュリティの評価ソリューションを紹介します。

自動車用セキュリティソフトウェアの開発・評価を手掛けるWHITE MOTION社と共同で、セルラー網を利用したサイバー攻撃を、擬似基地局(シグナリングテスタMD8475B)を用いたリアルなシミュレーション環境として構築し、自動車のサイバー攻撃対策に貢献します。

シグナリングテスタ

MD8475B


   


  
 

 効率的なフィールドテストをラボで実現

  


ace-rnx-front_01.jpg    

ラボ内でフィールドの電波環境を再現できるチャネルエミュレータACE RNXをご紹介します。ACE RNXは、さまざまなRF信号に3GPP等の規格で定められているフェージングモデルを適用させたり、フィールドログに沿ったパワー変動や電波環境を容易に再現することで、公道実験におけるRF評価をラボ内でシュミレーションすることにより試験を効率化し、試験時間やフィールドでのトラブルを削減します。

チャネルエミュレータ

ACE RNX


   

   
 

 無線LANの通信、つながっていますか?

 


mt8862a_pc.jpg


車に搭載された無線LAN機器が安定した通信を実現するためには、無線LANモジュール単体の性能評価だけでは不十分です。MT8862Aは、IEEE802.11b/g/a/n/ac(2.4 GHz、5 GHz)に対応し、無線LAN機器と実際の使用環境で通信しながら送信&受信特性を定量的に評価できます。


ワイヤレスコネクティビティテストセットMT8862A

  
 

 79 GHzレーダの開発製造における簡易評価に

  


MS2760A-with-tablet.png

超小型で優れた可搬性を有するウルトラポータブルスペクトラムアナライザMS2760Aをご紹介します。79GHzレーダを製品に組み込んだ状態での簡易的なスペクトラム評価に適しており、チャープ信号を捉えやすくするFFTキャプチャタイム設定機能も装備していますので、製造現場における反射などの影響や開発における簡易検証が容易に行えます。

 
  





 

 スペクトラムアナライザによる電界強度測定

  


MS2712E.jpg

 スペクトラムマスタ MS2712Eの電界強度測定機能を使用し予め登録したアンテナ係数を加味した電界強度測定

 をご紹介します。これにより効率良く電界強度測定を行うことができます。

スペクトラムマスタ

MS2712E

 





 

 車載レーダ用ミリ波材料と5GアンテナのローコストSパラメータ測定に

MS46522B-MS46524B-082.jpg     
車載レーダ用ミリ波材料特性と5GアンテナのSパラメータ測定用ShockLineシリーズ ベクトルネットワークアナライザをご紹介します。ベクトルネットワークアナライザ MS46522B-082はローコストでありながら測定周波数:55GHz~92GHzをカバーし、小型・軽量のミリ波測定モジュールにより簡単な取り扱いを実現します。



ShockLineLogo.png







■ 会場ご案内
AUTO_j_01.jpg automotiveworld2019_boose_location.jpg
 会期:2019年1月16日(水)~1月18日(金)
 会場:東京ビッグサイト
 出展ゾーン:【特設】設計・開発ソリューションゾーン
 弊社ブースNo:東6ホール E53-19