Skip to main content
ワイヤレス・テクノロジー・パーク 2017 に出展
    

   

2017/5/24 – 2017/5/26  10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)
東京ビッグサイト  西1ホール  小間番号 12-3-6


    

ワイヤレスが要のIoTでかたちづくるスマートな社会へ      

アンリツの測定ソリューションで

           
    

= 出展報告 =

ICTInformation and Communication Technology)の進展に伴い、スマートフォンのみならず家電製品や自動車などすべてのものがインターネットを媒介に接続されるIoTInternet of Things)社会が目前に迫っています。

本展では、WLAN搭載機器の無線部を簡単に評価できる “ネットワークモード” を搭載したワイヤレスコネクティビティテストセットMT8862A(新製品)をはじめ5Gに対応するシグナルアナライザMS2850A(新製品)など、IoTでかたちづくるスマートな社会をサポートするワイヤレス測定ソリューションを実機展示し、ご紹介しました。

ご来場いただきました皆様に、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

    
anritsuブース.jpg   networkmode.jpg    
     
= 展示ソリューションのご案内 =
   
1
 5G / 広帯域無線装置の測定・解析                                                                                                                 
   
    ー 解析帯域幅1 GHzに対応、マルチキャリア一括解析により開発・製造効率を改善 
  
   シグナルアナライザ MS2850A(周波数:9 kHz~32 GHz/44.5 GHz
  


ms2850a-top.jpg
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        

シグナルアナライザ
MS2850A




 
 測定画面例(内蔵の5G測定ソフトウェア)≫
  


クリックで拡大


クリックで拡大

SA_1GHz_002_text.jpg
App_EVM_000_文字有り.png



 

帯域幅1 GHzのキャプチャを実現

5Gで必要とされる帯域をカバー



最大8キャリアの論理リソースブロック単位EVMまたは電力分布を一覧表示。異常な箇所の検出に


各キャリアの特性を詳細に表示




≪特長≫

5G/広帯域信号を解析可能、最大解析帯域幅1 GHzシグナルアナライザ

■ 内蔵5G測定ソフトウェアにより、マルチキャリア信号を一括・高速解析

EVM性能:1%を実現 (28GHz帯、帯域幅100 MHzのシングルキャリア測定時)

■ 優れた振幅/位相フラットネス性能と、高いコストパフォーマンス

       

    

         5G_TBS.jpg
  wtp2017_5gtbs2017_1_report.jpg
        
 
 
2  WLAN搭載機器のRF送受信特性評価
   
    ー WLAN搭載機器の無線部を実動作状態で簡単に接続測定できる “ネットワークモード” を搭載 
  
  

≪測定系セットアップ例≫

   

有線接続の例+無線接続の例.png

  


ワイヤレスコネクティビティテストセット
MT8862A

                                                                                                
   

    

  
    ≪測定画面例≫ (クリックで拡大
   demoguide_fig9.png 

≪特長≫

WLAN IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4 GHz帯、5 GHz)対応

■ 実動作状態(ネットワークモード)DUTRF特性を測定可能

■ アクセスポイント(AP)をシミュレートし測定環境を容易に構築

OTA(Over The Air)試験に適したネットワークモードにも対応 

 

   

yajirushi_2.png『WLAN搭載機器の無線部の評価が簡単に・・・ネットワークモード測定のご紹介』の詳細はこちら

   
3
 Bluetooth SIG認証RF試験

     

   ー Bluetooth SIGの公式認証を取得し、テスト仕様に準拠したBluetooth専用のRF計測器 

  

 
送受信試験の接続例.png


 
 
   

    


  

≪スクリプトの測定例≫ (クリックで拡大

スクリプトの設定例.png

≪スクリプトの実行例≫ (クリックで拡大
スクリプトの実行例.png

   

≪特長≫

Bluetooth SIGに認定された業界標準のRFテストセット

Bluetooth Ver. 5.0を含めSIG認証RF試験をフルサポート

■ 内蔵のスクリプトを用いてボタン1つで各試験項目の測定に対応

■ 測定回路を変更することなくIMブロッキング、高調波歪試験に対応

   

   

4  サブGHz帯IoT/M2M無線設備評価

  

    ー 送信&受信特性評価に必要な機能を1台に集約。さらに自動測定ソフトウェアにより操作負担を軽減  

     

 
 MS2830Aによる送信&受信特性評価項目_03.png
MS2830Aによる送信、受信特性評価項目_02.jpg


 
 
 

≪特長≫

■ サブGHz帯の無線設備の送受信試験に求められる性能と機能を1台でカバー

■ 変調状態での評価に対応するFFT機能と、高速変調解析機能を装備

■ 受信感度試験の希望波の変調信号と、キャリアセンス評価に必要なパルス信号を出力可能

   

yajirushi_2.png『サブGHz帯IoT/M2M用 無線設備の評価に』の詳細はこちら

   

5
 手のひらサイズのミリ波帯スペアナ
      
    ー 9 kHzから110 GHzまでをカバーする、従来の常識を超えた小型サイズのスペクトラムアナライザ  
    
   170426_satellite_確認用.jpg
exhibit_mark_mini-1.jpgMS2760A-with-tablet.png
170425_drawn.jpg


  
  
  

≪特長≫

9 kHz110 GHzのスペアナを手のひらサイズで実現

DUT直接接続により、高価なケーブルなしで高精度測定が可能

Windows PC/タブレット端末とUSB接続可能

■ 次世代モバイル通信などで使用されるミリ波通信システムのスペクトラム評価


yajirushi_2.png新しい価値を創造するウルトラポータブルシリーズのご紹介

  

6  ミリ波デバイスのスペクトラム解析
  
    ー ミリ波無線バックホール信号などのスペクトラム評価ソリューション 
  
≪測定系と測定画面の例≫
MS2840A_測定系と測定画面の例_02.png

 


           
≪特長≫

■ 最大スパン7.5 GHzの広帯域測定に対応

■ -150 dBm/[email protected] GHzの表示平均雑音レベルを実現

■ 測定系の受信感度性能の悪化を防ぐ、0 dBmを超える P1dB性能を実現

■ シンプル構成&経路補正データをUSBメモリで提供

yajirushi_2.png『ミリ波市場の普及をサポートするアンリツのラインナップ』の詳細はこちら 

   
7  ローコストEバンドSパラメータ測定
  
 ー 最新のShockLine技術により従来、高価だったミリ波帯ネットワークアナライザのローコスト化を実現 ー 
  
  ≪アンテナ近傍界測定システム例≫

170425_drawn_確認用.jpg

   

 
 
   

               

  

  
  

   


≪特長≫

Eバンド(55 GHz~92 GHz)に特化して低コストを実現

120 dB(代表値)のダイナミックレンジ性能を実現

■ 小型で軽量なミリ波測定モジュールにより簡単な取り扱いを実現

■ 一体型の試験システムで誤接続によるエラーを排除

 

yajirushi_2.png『Sパラメータ測定、タイムドメイン解析に小型で低価格なベクトルネットワークアナライザ(VNA)』の詳細はこちら

クリックで拡大)