Skip to main content
「MP1900Aによる100/200/400GbE FEC テスト」
アプリケーションノートをご希望の方はページ下部のフォームよりお申し込みください。

【アプリケーションノート

[全26ページ、Ver.1.00、2020年10月作成、2.4MB]



 近年、モバイル通信5G やIOT 機器の普及により、IP データトラフィックの増大が続いています。
大容量データ通信を支えるデータセンタの中では、400 GbE 通信方式の導入が進みつつあり、
将来さらなる大容量伝送に対応するため800 GbE/1.6 TbE への進展が検討されています。


2017
年に標準化された 200 GbE /400 GbE では、伝送容量増加のために、伝送フォーマットとして
PAM4 が採用されています。2 値で伝送する従来のNRZ と比較して、4 値で伝送するPAM4 は
伝送容量を2 倍にすることができる反面、SN 比が約10 dB 悪化します。
200 GbE / 400 GbE の物理層伝送では、伝送速度の上昇とSN 比の悪化によって、NRZ 伝送では
当然であったError Free 伝送を実現することが難しくなり、FEC (Forward Error Correction)を
前提とした伝送方法が用いられています。


 今回、FECテストの背景、ソリューションが詳しくわかるアプリケーションノートをご用意いたしましたので
ぜひ、下記フォームよりお申し込みください。


  【目次】
   1.  はじめに
  2. FEC の概要とMP1900A によるFEC Solution:FECの概要、物理層評価、FECテストソリューション
  3.  100GAUI-2 FEC-aware Rx テストソリューション:測定器構成、RX Test, Jitter耐力試験
    4.  まとめ

 


ご記入いただいたメールアドレス宛にダウンロードのご案内をいたします。

メールアドレスはお間違えのないようご入力願います。



本内容は日本国内在住のお客様を対象とさせていただいております。

また、同業他社の方、商社・レンタル会社などエンドユーザでない方、

フリーメールアドレスの方は、ご案内にお時間をいただくか、

お断りさせていただく場合がございます。


お客様からいただきました情報は、当社個人情報保護方針に基づき、厳重に管理いたします。