Skip to main content
「MP1900Aによる100/200/400GbE FEC テスト」
アプリケーションノートをご希望の方はページ下部のフォームよりお申し込みください。

【アプリケーションノート

[全9ページ、Ver.1.00、2019年11月作成、1.9MB]



 近年高速・大容量伝送システムの導入が進み、QSFP-DD、OSFPトランシーバによる
400GbEを実現する
システムではPAM4方式や4レーン/8レーンなどの多レーン伝送が
採用されており、伝送品質を確保するために、FEC(Forward Error Correction)の使用が
前提になっています。

  伝送品質の検証ではジッタやISIストレスを加えた多レーンのFECパターンを用い、
QSFP-DD、OSFPのような光モジュールを経由した信号の誤り訂正率を確認することが望まれます。 

 この測定では、8チャネルの同期およびチャネル間の位相やパターンを適正に制御できる信号源が
要求されます。また、8レーンのうち1レーンにのみジッタストレスを加える方法では正しいFEC検証は
できないため、同期した8レーン全てにジッタストレスを加えてテストする必要があります。

 今回、FECテストの背景、ソリューションが詳しくわかるアプリケーションノートをご用意いたしましたので
ぜひ、下記フォームよりお申し込みください。


  【目次】
   1.  はじめに
  2. FEC バックグランド:主な規格、概念、エラー分布によるFEC結果の違い
  3.  アンリツソリューション:FEC Pattern Generation、FEC Patternを使用したジッタ耐力試験、
                                  RS-FEC Error Assition
    4.  まとめ

 


ご記入いただいたメールアドレス宛にダウンロードのご案内をいたします。

メールアドレスはお間違えのないようご入力願います。



本内容は日本国内在住のお客様を対象とさせていただいております。

また、同業他社の方、商社・レンタル会社などエンドユーザでない方、

フリーメールアドレスの方は、ご案内にお時間をいただくか、

お断りさせていただく場合がございます。


お客様からいただきました情報は、当社個人情報保護方針に基づき、厳重に管理いたします。